ellyによる生命をコンセプトにしたマタニティアート

 ellyはマタニティアーティストになる以前より、生涯のアートコンセプトとして植物や動物から感じ取れる生命の強さを約20年間に渡って描き続けておりました。

 

      art × 生命 × マタニティ期

 

 それまではただ漠然と生命をアートにして描いていたのですが、自身が妊娠した事をキッカケに、本当の意味で生命の大切を感じました。

 

 そして、妊婦さんの気持ちの分かるマタニティ期である今こそマタニティアートを描き始める必要があると感じ、妊娠5カ月目にしてマタニティアーティストとして独立開業を決めました。

▶植物や動物の生命をコンセプトにしたアート

 絵を描くのが好きだった父親は大阪府警の刑事で、モンタージュ画を描く絵師でもありました。

 絵の才能がたくさん実る様にと絵梨と名付け、また父親はellyに絵を描く職業に付く事も願っておりました。

 

 前職では、絵の才能とアイデアが認められart&sweetscafeのプロデューサー兼店長に就任。お店はellyのチョコレートアートが楽しめるcafeとして数々のメディアに取り上げられ、最長で6時間待ちのお店へ成長。

 

 人気店を運営する一方で、大好きだった父の願いであるアート(極める)を職業という意味で、アーティストとしての道からそれてしまい、成功を捨て真のアートの道へ進むかを思い悩む日々が続きました。長く悩み苦しんだ末、アートの道を極める為にcafeを依願退職。

 

 現在は、アートコンセプトに拘ったマタニティアーティストとして活動を続けています。

▶マタニティアーティストになるまで

  ellyartでは、マタニティペイントサービスではなく、妊婦さんをモデル(お腹をキャンバス)としたアート作品となります。

 

 その為、キャラクターやペットの似顔絵などのペイントサービスはしておりません。お腹に描く動物もellyのその時のインスピレーションで描きます。

 

 ※妊婦さんのお話しをお伺いして描くものを決めます。

 

▶サービスではなく、artへのこだわり

ページ最上部▲